ジムニー プチ改造 ドアパネル(内装)カラーリング

大物
ドアパネルに赤の合皮シートを貼り

なぜ作ったか

 所持していた黒いジムニーを、

もへちゃん
もへちゃん

お金をかけずにちょっとだけかっこよくしよう!

と、プチ改造する過程で、天井(内装)を赤のプラダンで覆いました。

 「黒地に赤」がプチ改造のコンセプトなのです。

ドアパネル(内装)をかっこよくしよう!

 今回は、ドアパネル(内装)に「赤」を入れます。

 超簡単でした(^^)

材料

  • 合成皮革(赤)シール付き
  • デザインカッター

作り方

ドアパネル外し

 ネット注文していた「合成皮革(赤)シール付き」が送ってきたので、まず運転席側のドアパネルを外してみました。

 外し方はネットで調べると、詳しい手順があったので、20分ほどで、外すことができました。

 天井張り替えの時は、ミラーの部品を壊したり、補強バーのカバーを割ったり…と散々でしたが、今回はどこも壊しませんでした(^^)

合皮シート貼り

 家の中にドアパネルを持って入り、合皮シートを貼りました。

 形を合わせるのに少し苦労しましたが、それでも1時間くらいで貼ることができました。

 遠目に見るといい感じなのですが、近くで見たらあらが目立ちます(^^;)

もへちゃん
もへちゃん

まぁいいか(^^;)

ドアパネル取り付け

 合皮シートを貼り付けた運転席側のドアパネルを取り付ける前にグルーガンで、下地のビニールが破れている所を補修しました。

 すきま風が入ってくるのや、風切り音が発生しないようにするためです。

 それも含めて15分くらいでできました。

助手席側も

 助手席側も外して、家に持って上がって合皮シートを貼りました。

 運転席側より上手にできました(^^;)

おわりに

 ドアパネルのプチ改造は、「超」がつくほど簡単でした(^^)

もへちゃん
もへちゃん

どこも壊すことなかったし(^^)

 できばえも十分満足できました。

ジムニー・プチ改造は続きます(^^)/

 ドアパネルの装飾は楽勝でしたが、次はそうはいきません。

 黒だけの無骨なシートにも「赤」を入れます!

 ドアパネルと違い、合皮シート(シール付き)は通用しません。

 さぁ、もへちゃんはどうするか!

 乞うご期待m(_ _)m

コメント

タイトルとURLをコピーしました