発明学会主催「身近なヒント発明展」の応募(後編)

小物

発明学会「身近なヒント発明展」

 発明学会の「身近なヒント発明展」は、毎年1回行われるアイデアコンテストです。

 発明学会の会員でなくとも応募できます。

 もへちゃんは、福岡の発明商品化協会の方から

 ネットの応募は、アイデアを盗まれないように、ちゃんと対策しなきゃ

とアドバイスをもらっていて、ネットで「アイデア 募集」で検索した結果、

応募規定に

  • 特許などの出願、未出願を問わず、本発明展に応募できます
  • 出願せず応募する場合も考慮し、審査に参加する全協賛企業と、秘密保持契約書を交わしております

と明記していた発明学会の「身近なヒント発明展」に応募することにしたわけです。

前回のふりかえり

 さて、前回のブログでは、発明学会の「身近なヒント発明展」の応募用紙(左側)の書き方について報告しました。

 A3サイズの応募用紙の左半分は「アイデアの図面(説明図)」となっています。

もへちゃん
もへちゃん

 左側を書き終われば、7割方終わったも同然!?

 でも、残りの3割をおろそかにはしません(^^)/

 今回は、右半分の書き方について報告したいと思います。

応募用紙作成(右半分)

 右側には、詳細な説明を書き込むようになっています。

詳細な説明を書き込もう…「詳細って?」

 1つひとつ項目を見ていきましょう。

 でも、実際の応募内容は書けないので、以前もへちゃんが作った暑さ対策・熱中症対策の「手ぬぐいマスクMark3」で例えてみます。

 これは1年前にブログで発表しているし、アイデアコンテストに応募するつもりはないから、例として書いても大丈夫かな(^^)/

「作品名」

 小さな文字で「この作品の名前をわかりやすく書いてください」と書かれています。

 1次審査は、1000件近くをのべ10時間でチェックされます。

 1000÷600=約1.6分

 名前もわかりやすいことが第1です!

 もし応募するとしたら「手ぬぐいマスクMark3」という名前は ✕ ってことです。

・ひんやりマスク

・アイスマスク

・氷感マスク

なんて感じでしょうか。

「アイデアのセールスポイント」

 ここには、目的やセールスポイントを書きます。

 写真を貼ってもいいように、少し幅広になっています。

 もへちゃんは箇条書きで4項目書きました。

 「手ぬぐいマスクMark3」改め「氷感マスク」だったら

①夏でも、新型コロナ感染症の飛沫対策としてマスクを快適に着用できます。

②熱中症対策と感染症対策を両立します。

③見た目は、普段使っている布マスクと変わらないため、周りの目が気になりません。

④保冷剤は冷凍庫で冷やすことで、何度でも使え、経済的です。

って感じで書くかな(^^)

 しかし…

「改良した部分、新しい構造はどこですか?」

 ここには、構造や形状での工夫を書きます。

 もへちゃんは、ここでペンが止まってしまいました。

 「手ぬぐいマスクMark3」改め「氷感マスク」で例えるなら

 見た目は、普段使っている布マスクと変わらないため、周りの目が気になりません。

みたいなことを、ここでも書きたくなったからです。

 しかし、すでに「アイデアのセールスポイント」の③で書いています。

もへちゃん
もへちゃん

 もう一度書くか?

 それとも、「アイデアのセールスポイント」の方を消すか?

 あなただったら、どうしますか?

 もへちゃんは10分ほど、思案を巡らせた後、「アイデアのセールスポイント」の方を消すことにしました。

 理由は

もへちゃん
もへちゃん

 なんてったって1次審査は約1.6分なんだから、説明文は最小限にしよう

と思ったからです。

「これを使うと、どの部分が便利になりますか?」

 どんなときに使うのか?…使い方と効果を書く欄です。

 ここでも、またペンが止まってしまいました(>_<)

 またもや「手ぬぐいマスクMark3」改め「氷感マスク」で例えると

熱中症対策と感染症対策を両立します。

みたいなことを書きたくなりました。

 しかし、すでに「アイデアのセールスポイント」の②で書いてます。

 そこで、またもや「アイデアのセールスポイント」の方を消すことにしました。

「企業にわかってほしいポイント」

 ここは、「身近なヒント発明展」の協賛企業に対してアピールしたいことを書く欄です。

 「手ぬぐいマスクMark3」改め「氷感マスク」で例えると

保冷剤は冷凍庫で冷やすことで、何度でも使え、経済的です。

みたいなことを書きたくなりました。

 しかし、すでに「アイデアのセールスポイント」の④で書いています(>_<)

もへちゃん
もへちゃん

 2つ消すなら3つも同じだっ!

ということで「アイデアのセールスポイント」の方を消しました。

「試作品」

 試作品の有無と、ある場合はサイズ・重さを書く欄です。

 もへちゃんは、応募作品については10回ほど試作品を作っています。

 材料は、近所の100均やホームセンターで買えるものです。

 当然、最後に作ったものが1番の自信作なので、そのサイズと重さを記入しました。

「先願調査」

 応募用紙には「自分で出来る範囲で書いてください」とあります。

 ここには、

  • 自分とよく似たアイデアがすでにあるかどうか
  • あるならば、どういうものか

を書く欄です。

 ええっ、そんなのわからないよ~(>_<)

 心配いりません。

 ネットで、特許情報プラットホームに行き、「マスク 保冷剤」で検索してみます。

 実際にしてみたのが次の画像です。

もへちゃん
もへちゃん

 けっこうあります(>_<)

 やはり、「氷感マスク」では、勝負できそうにありません(>_<)

 それでも、応募用紙にはプラスイメージの文章を書きたいので

実登3231316、実登3230324

マスク自体への改良のものがいくつかありました。

とでも書くかな(^^;)

「市場調査」

 スーパーやデパート、ホームセンター等で、同じ目的の商品があったら、商品名や金額を書きます。

 「氷感マスク」については調べたことがないので、今回はネットで調べてみると…

もへちゃん
もへちゃん

 けっこうあるな~

 応募用紙に嘘は書けないので、1つくらい書いておくかな(笑)

吸水速乾 保冷剤付きマスク 夏マスク 日本製 熱中症対策 洗えるマスク 手作り立体マスク ホワイト 裏地 吸水速乾素材 ワクチン接種済 マスクシールのおまけ付き(HERVE)

999円

「価格」

 消費者になったつもりで、いくらなら買うかを書きます。

 「氷感マスク」だったら…

100円~500円

と書くかな~。

もへちゃん
もへちゃん

 100均で売ってそうだし…

「権利対策」

 特許や実用新案をとっているなら、そのことを書きます。

 申請中だったら「特許申請中」とか「実用新案申請中」と書きます。

 けれど、自分でやったとしても

  • 特許申請…約15万円
  • 実用新案…約2万円

かかります。

 アイデアが商品になり、利益が出るのであれば、特許申請するのはいいと思います。

 実用新案は…

もへちゃん
もへちゃん

 いろいろ読んでみましたが、アイデアを盗まれた場合、実用新案では闘うのが難しいみたいです(^^;)

 そこでもへちゃんの権利対策は、

公証人による確定日付の付与

という方法にしました。

 このことが気になる方は、こちら ↓ をお読みください。

応募用紙の実際

 「アイデアのセールスポイント」を4項目書いた後、3つを修正テープで消したので、次のようになりました(文面にはモザイクをかけてます)

いざ郵送

 応募用紙だけでなく、参加費を納める必要があります。

 参加費は1件につき

  • 会員…2000円
  • 非会員…3000円
  • 学生…1000円

です。

 参加費の納め方は

  • 郵便為替
  • アイデアチケット(会員のみ)
  • 現金書留

のどれかを選びます。

 もへちゃんは、現金書留にしました。

もへちゃん
もへちゃん

 しかし、現金書留ってA4(A3を半分に折る)サイズの応募用紙、入らんよなぁ(>_<)

 もへちゃんが知ってる現金書留用封筒は、こんなのです。

 でもこのサイズでは、A3を半分に折った応募用紙が入りません(T_T)

現金書留は、角2封筒でも送れる!

 今回、初めて知りましたが、現金書留は角2封筒(A4サイズの紙が入るサイズの封筒)でも送れるんです!

 ただし、

  • 表に赤字で「現金書留」と書く
  • 裏の封筒の合わせ目に割り印を押す

ことを忘れてはなりませんが…

画像を撮り忘れましたm(_ _)m

 これでやっと郵送できました(^^)/

受付通知ハガキ

 応募用紙を郵送して、10日ほど経って、受付通知ハガキが送られてきました(^^)

「受付No.」の欄には

5-83

と書かれていました。

 もへちゃんが、今回応募した部門は「⑤部門…健康・美容・衛生・介護関係」です。

 その⑤部門には、6月16日の時点で83作品の応募があったと思われます。

もへちゃん
もへちゃん

 1次審査、1.6分って言うのは、本当なんだな~(^^;)

 でも、応募用紙はもう書いてしまったし、気にしない、気にしない(^^)

今後の予定

 あと2作品、応募する予定です。

 しかし、その2作品は

  1. 試作品をあと2つ作りたい→公証人による「確定日付の付与」申請→身近なヒント発明展の応募用紙作成
  2. 試作品どころか、アイデアのみの段階→試作品作成→公証人による「確定日付の付与」申請→身近なヒント発明展の応募用紙作成
もへちゃん
もへちゃん

 う~ん、間に合うかなぁ(^^;)

コメント

タイトルとURLをコピーしました