家庭用餅つき機を使って搗く「かき餅」

食べ物

なぜ作ったか

 以前からオークションでねらっていた家庭用餅つき機を昨年、安価でゲットしました。

 オークションで、安価に落札する方法については、以前こちら ↓ に書きました。

 欲しいなと思っていた「みのる産業 3合もちつき機 つき姫」の旧型と思われる「みのる産業 ハローキティおもちメーカー」を入手し、昨年(2019年)の年末に餅つきをしました。

 2020年の年末には少し早いのですが、自分自身、思い出すためにブログに書くことにしました。

家庭用餅つき機で搗く「餅・あんころ餅・かき餅」

材料

  • もち米2キロ
  • 水150cc ✕ 4回分
  • ピーナッツ90g
  • アーモンド90g
  • 砂糖150g✕2回分
  • 白ゴマ140g
  • (塩少々…入れるのを忘れてました(>_<))
  • あんこ
  • 餅とり粉
  • ハローキティおもちメーカー
  • 餅箱

作り方

計画立て

 もち米2キロを量ってみると3合×4で、少し余りました。

 そこで

  1. 付属のキティのし板で角餅、3合
  2. あんころ餅、3合
  3. 白ゴマだけのかき餅、3合
  4. ピーナッツ&アーモンドのかき餅、3合

を作ることにしました。

前日準備(もち米研ぎ、水に浸す)

 夜、寝る前にもち米を研ぎ、水に浸しました。

①キティのし板で角餅

 まず最初の3合は、普通にいて、付属のキティのし板に入れる角餅に挑戦です。

 初めてなのでドキドキします(^^)

もち米を蒸す

 ハローキティお持ちメーカーに直接水を150cc入れ、「ホッパー」という灰色の炊飯器の内釜みたいなものをセットします。

 さらに「ハネ」という部品をセットし、3合分のもち米をホッパーに入れ、平らにならし、ふた(キティの頭)をかぶせます。

 キティちゃんのおへそあたりにあるスイッチ オン!

 まずは、もち米を蒸します。

 15分ほどたつと、ピピッと音が鳴りました。

 ふた(キティちゃんの頭)をとると、もち米が蒸し上がってます。

 ちょっと食べてみると、芯もなくおいしく蒸されてました。

もち米を搗く

 ふたをとったまま、「つく」スイッチ オン

 米の中央部から、搗いているようで、少しずつ餅になっていきます。

 全体がなめらかになると、回転し始めました。

 つきあがりまで、わずか10分

 餅とり粉をまぶしたキティのし板に、つきあがった餅を入れると、ピッタリになると思っていたのですが、かなり盛り上がりました。


 取扱説明書には「粗熱をとって、冷蔵庫に1日」とあったので、次の日、出来をチェックすることにしました。

 餅をとる時、手にかなりついてしまいました(>_<)

 しっかり水をつけるべきでした。

②あんころ餅

 次の3合は、あんころ餅です。

 蒸してる間にあんこを適当に丸くしました。

 とりあえずあんこ玉を15個作ってみました。

 手をしっかり濡らし、つきあがった餅を餅箱へ。

 餅を適当にちぎり、あんこを包むと、あんこ玉が2個余ってしまいました。

 そこで、すでに包んだあんころ餅から、少しずつ餅をとってきて、結局14個分のあんころ餅ができました。

 すぐに家族で味見(^^)

 うちでは、あんころ餅が人気No.1で最初に消費されます。

③かき餅(白ごま入り)

 7分ほど搗いた時点で白ゴマを100gを少しずつ投入しました。

 クルクル回る餅にはじかれたりして、床にゴマが結構散ってしまいました。

 餅箱に取りあげて、砂糖150gを練り込みます。

 そうです、もへちゃんのかき餅は甘いんです(^^)

 これは、先輩のお母さんから教えてもらったかき餅で、焼いてたべるとそのまま和スィーツになります(^^)/

 ただし、砂糖を入れると、餅の粘着力が弱まります。

 それでも、かまぼこみたいな感じでまとめられたらgoodです(^^)

④かき餅(アーモンド+ピーナッツ+白ごま)

 白ゴマかき餅では7分で白ごまを投入しましたが、今回は5分ほどで、砕いたアーモンド90gを投入してみました。

 しかし、早すぎたのか、餅がグルグル回りません(>_<)

 菜箸で補助すると、やっと少しだけ回るようになりました。

 補助しながらピーナッツ90g、続けて白ゴマ40gを投入です。


 混ざるのにかなり時間がかかりました。

 やはり7分ほど搗いた時点、すなわち餅が回転してる段階で混ぜ始めるべきでした。

 餅箱に取りあげ、砂糖150gを餅の中央に置き、手で包むように揉み込むと、白ゴマの時より上手にできました。

 しかし、白ゴマかき餅とアーモンド&ピーナッツかき餅の両方とも、慌てて塩を入れ忘れてました。

 画像のかまぼこ状の餅を1~2日後、少し硬くなったところで1センチ幅に切り、ビニール袋に入れ冷凍庫へ。

 以前、冷凍庫に入れず、そのまま放置してたら、かびがついたことがあります。

 かびも美味しいお餅を選ぶのかもしれません(笑)

片付け

 初めて餅つき機を使いました。

 次回使うのはたぶん1年後なので、しっかり片付けます。

 しかし…

 洗える部分はいいですが、洗えない部分(本体の釜の部分)に餅がこびりついており、取扱説明書どうり固く絞った布で拭いてみましたが、なかなか取れませんでした。

もへちゃん
もへちゃん

ふぅ…

できばえは?

角餅

 次の日、キティのし板で作った角餅はこんな感じになりました。

 切り分けて冷凍庫へ!

かき餅

 かき餅も切り分け、トースターで焼いて食べてみました。

 白ゴマかき餅より、アーモンド&ピーナッツかき餅の方が美味しかったです。

 画像は…

 ごめんなさいm(_ _)m

 撮り忘れてました。

 とっくの昔に消費されてしまっているので、撮り直すこともできず…

 今年(2020年末)に、餅つきした後、画像をupしようかな(笑)

おわりに

 数年前までは、かき餅を教えてくれた先輩の地元の餅つきに参加させてもらい、白餅とあんころ餅とかき餅を搗いてもらってました。

 そこでは、杵と臼で餅を搗くので、臼に餅以外の異物(ピーナッツやアーモンド、砂糖、塩等)を入れるかき餅は、一番最後に搗きます。

 かき餅は、先輩のお母さんから直々に作り方を伝授してもらいました(^o^)

 他の方は、「干しエビ+塩」のかき餅や「白ごま+砂糖+塩」のかき餅を搗いてました。

 真似して、白ごまかき餅を作ってみたのですが…

 もへちゃんは、やはり「アーモンド+ピーナッツ+砂糖+塩少々」かき餅が一番好きです(^o^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました