昭和初期のマントを再生②「シミ抜きって化学だ」

服飾

欲しかったのはトンビコートでなく、マントだった

 金田一耕助のようなコートがほしくなったもへちゃん。

 古い黒のトンビコートをオークションで安価で落札し、洗濯→補修→裏地付けしました。

 このことは、8回に渡ってこのブログで紹介しています。

 先日、北風が吹く寒い日に、このトンビコートを着て、自作の黒のチューリップハットをかぶって、天神(福岡市の繁華街)に行ってきました(^^)

金田一をイメージしたチューリップハット

 しかし、ある日、たまたま放映されていた古谷一行さん主演の金田一耕助シリーズの映画を見ていると

古谷一行さん フロム・ファーストプロダクション ホームページより引用
もへちゃん
もへちゃん

 金田一が着てるのは、トンビコートではなくて、マントじゃん(T_T)

 そこで、新たに古いマントをオークションで落札し、「古いマント再生」がスタートしました。

シミ抜きって化学だ

前回(洗い)の復習

 浴槽にぬるま湯を貯め、エマール(おしゃれ着洗い用洗剤)で

つけ置き洗い→ゆすり洗い・押し洗い→すすぎ

を繰り返すこと5回。

 これで「洗い」の課程は終了です。

 この後、黒いトンビコート再生化の時にはなかった「シミ抜き」を行います。

 こんな感じのシミが、広範囲にわたって数カ所ありました。

 古いマントだし、このシミが血液なのか、油なのか、もちろんわかりません。

準備したもの

  • シミ抜き大作戦①…エマール
  • シミ抜き大作戦②…頑固なシミ用ワイドハイターEXパワー
  • シミ抜き大作戦③…セスキ、酸素系漂白剤、ドライヤー、クエン酸
  • シミ抜き大作戦④…魔法水(食器用中性洗剤3滴、衣類用酸素系液体漂白剤小さじ3杯、重曹小さじ1杯)
  • シミ抜き大作戦⑤…台所洗剤、過酸化ナトリウム、スチームアイロン

シミ抜き大作戦

シミ抜き大作戦①「エマール直塗り」

 シミ抜き大作戦その①は「エマール直塗り」です。

 一番単純な方法で、これでシミ抜きできれば超ラッキーです(^^)

もへちゃん
もへちゃん

 いい感じかな?

と思ったのですが、ぜんぜんとれてませんでした(T_T)

 結論…エマール直塗り✕

シミ抜き大作戦②…「頑固なシミ用ワイドハイターEXパワー」

 たまたま近所のAEONに買い物に行った際、見つけたのが「頑固なシミ用ワイドハイターEXパワー」です。

 ネットで検索してとりくんでいる今回の「シミ抜き大作戦」では、「頑固なシミ用ワイドハイターE Xパワー」は、予定してませんでした。

 しかし、商品のネーミングや「食べこぼしや汁ジミまでディープクレンジング」という商品コピーに、もへちゃんの直感が

もへちゃん
もへちゃん

これはよさそう!!

と叫びました。

 もちろん即買いです(^^)

 思いっきり、衝動買いです。

 風呂場での「洗い」→「エマール直塗り」に引き続き、シミ抜き大作戦②スタートです。

 「エマール直塗り」では効果がでなかったシミに、「頑固なシミ用ワイドハイターE Xパワー」をスプレーし、歯ブラシでゴシゴシ

 ダメです。

 ほとんど変化なしです(T_T)

 結論…頑固なシミ用ワイドハイターE Xパワー ✕

 もへちゃんの直感は、信用できませんでした(T_T)

 いや、それより「商品のコピー」が優れていたというべきか…

シミ抜き大作戦③「セスキ+酸素系漂白剤→ドライヤーで加熱」

 「セスキ」とは「セスキ炭酸ソーダ」の略です。

 100円ショップにも売っているアルカリ性のクリーナーです。

 まず、セスキと酸素系漂白剤を1:1の割合で混ぜた自家製シミ抜き剤を作ります。

 次に、自家製シミ抜き剤を歯ブラシにつけ、シミの上でトントンします。

 ドライヤーで加熱します。

 最後に、クエン酸を混ぜたぬるま湯に漬け、自家製漂白剤のアルカリ性を中和します。

シミ抜き大作戦④、⑤

 水を吸ったマント(ほぼ毛布)をクエン酸で中和した後、シミ抜き大作戦④、⑤の予定でしたが、ここまでで体力も使ったし、時間もかなりかかってしまいました。

もへちゃん
もへちゃん

 ふぅ~、疲れたぁ

 そこで

  • シミ抜き大作戦④「魔法水(食器用中性洗剤3滴、衣類用酸素系液体漂白剤小さじ3杯、重曹小さじ1杯)」
  • シミ抜き大作戦⑤「台所洗剤、過酸化ナトリウム、スチームアイロン」

は、次回に持ち越すことにしました。

疲れても、すすぎはちゃんとしなきゃ

 シミ抜き作業に疲れましたが、すすぎはちゃんとしなければなりません。

 ハミングを入れて、つけ置き&すすぎを行いました。

乾燥

 とりあえず完全に乾くまで干して、様子を見ることにしました。

シミ抜き大作戦③の結果

 3日間乾燥して、マントをチェックしてみました。

もへちゃん
もへちゃん

 ほんの少しだけシミが薄くなったような…

 でも、まだまだ目立つ(T_T)

結論…かなり苦労したのに、イマイチだった

シミ抜きって化学だ

 シミ抜き大作戦③「セスキ、酸素系漂白剤、ドライヤー、クエン酸」で、ドライヤーを用いて熱を加えるのは、酸素系漂白剤による化学反応を促進させるためです。

 とても魅力的なキャッチコピーだった「頑固なシミ用ワイドハイターE Xパワー」より、シミ抜き大作戦③の方が優れていたのは、化学反応したてだったからと予想されます。

もへちゃん
もへちゃん

 シミ抜きって化学だぁぁ

  • シミ抜き大作戦④…魔法水(食器用中性洗剤3滴、衣類用酸素系液体漂白剤小さじ3杯、重曹小さじ1杯)
  • シミ抜き大作戦⑤…台所洗剤、過酸化ナトリウム、スチームアイロン

は、直前に混ぜる(その場で化学反応させる)作戦なので、なお効きそうです(^^)

今後は

シミ抜き作戦は

 乾燥が終わったマントのシミをチェックしながら、

もへちゃん
もへちゃん

 日の下で見ると、やっぱりカーキ色、すなわち土の色やなぁ。
 白っぽいと思って落札したんやけどなー😢

 やはり染めるか脱色するしかありません。

 いろいろ検索してみて、

  • ジーンズ染めQホワイト

なんかが良さそうです。

もへちゃん
もへちゃん

 染めQなら、車のシートを染めたこともあるし(^^)

 ここで、ふと気づいてしまいました。

もへちゃん
もへちゃん

 染めるんなら、シミ抜きに全力を注ぐ必要もないじゃん。

 そこで、シミ抜き大作戦④、⑤は中止しました。

染めるとしたら

 検索の結果、「ジーンズ染めQホワイト」以外の候補は

  • ダイロン プレミアムダイ オーシャンブルー

くらいでした。

 ダイロン プレミアムダイは、40℃のお湯で手軽に染められる染料です。

 けれど、ダイロン プレミアムダイに、白色はありませんでした(T_T)

 薄い空色の「チャイナブルー」だと、マントのカーキ色にチャイナブルーを足しても、思うような色になりそうもありません。

 そこで、いっそのこと青っぽくすると考えて、「オーシャンブルー」の選択を考えてみました。

 しかもダイロンのホームページで、オーシャンブルー3袋で1100円というアウトレット価格で売っていました。

もへちゃん
もへちゃん

 3袋のを3セット買えば、ブルー染めは可能かなー。

 1100円✕3セット=3300円

 さらにカラーストップ385円×2袋=770円

 そして送料1375円

 計 5445円

 結構かかる😢

でも、やっぱり白がいいなぁ

コメント

タイトルとURLをコピーしました