スポンサーリンク

カップ麺を美味しく…モッチリ化実験①「湯3分+レンチン2分ちゃんぽん」

食べ物

なぜ作ったか

重曹を入れると生麺に?

 以前、深夜ドラマの「南極料理人」第4話で

 料理担当の「大将」とのゲームに負け、罰ゲームでのドーム基地の外(平均気温-54℃)にパンツ1丁で放り出された川田。

 仕返しをしようと、大将が料理中の麺を茹でてる鍋に、台所のすみにあった白い粉を入れました。

 しかしインスタントラーメンのはずが、生麺のラーメンとまちがうほどのうまさに!

 その粉とは重曹だったのです。

ってのがあってました。

 おおっ、これって以前紹介した「カップ焼きそばを広東風に」 ↓

をさらにパワーアップして「モッチリ広東風」にできる!

カップ麺・モッチリ化「重曹を使いたかったけど」

 調べると、

  1. 鍋に重曹を入れた湯を沸かし、麺を茹でる
  2. 重曹の苦みを避けるために、別のお湯でスープを溶く
  3. 1と2を混ぜてできあがり

とありました。

 しかし重曹がない

 カミさんに聞くと、

ずっと前に掃除の時に使った

とのこと。

「重曹は清掃グッズとして優れている」

って話は別の機会に取っておくとして、

カップ麺モッチリ化ができないのは悔しい(T_T)

 そこでインターネットで調べてみると

「10分どん兵衛」というのを見つけました。

カップ麺・モッチリ化「10分どん兵衛という方法もあるらしい」

「どん兵衛の調理時間は5分だが、それを10分にすることでモッチリした麺になる」

 と書いてあるではありませんか。

10分どん兵衛を超える?「レンチンどん兵衛とは」

 さらに

「10分どん兵衛を超えるレンチンどん兵衛」

を見つけちゃいました!

 やり方は簡単!

 お湯を注いだどん兵衛をレンジで3分チンするだけ!!

 重曹がない私にとって、これぞぴったり!

作り方

材料

  • マルタイ 長崎ちゃんぽん
  • 白菜 葉1枚
  • ハム 1枚

レンチンどん兵衛 湯3分+レンチン2分ちゃんぽんの作り方

 さっそく実験…いや違った、調理開始です!

 どん兵衛がなかったので、調理時間5分ってのが同じだったマルタイの長崎チャンポンを使いました。

マルタイの長崎ちゃんぽん
マルタイの長崎ちゃんぽん

 しかし、私は最初からミスしました(T_T)

 お湯を入れて、3分レンチンするだけでよかったのに、

「重曹入りのお湯で茹で、そのお湯を捨てる」

が頭の中に残っていて

①お湯を入れて3分待ち

③湯を捨て、麺を別皿に移し2分レンチン

③カップに粉末スープ、調味油、事前にレンチンしてた白菜、ハム等を入れ、新たなお湯を注ぎ

④レンチンした麺と3のスープを混ぜてできあがり! 

 としてしまいました。

感想

 さぞかしモッチリだろう…

 ワクワクしながら実食です(^^)

短所

もへちゃん
もへちゃん

 もっちり感…

 う~ん(^^;)

 イマイチわからん…

 単純に「お湯を入れてレンジで3分」としなかったからでしょうか。

 それともどん兵衛じゃなく、長崎ちゃんぽんがいけなかったのでしょうか。

 ドラマ「南極面白料理人」では、失敗がより大きい成功を導きましたが、もへちゃんの場合はただの「失敗」だけでした(T . T)

 けれど大丈夫。

 こんな時にはエジソンの言葉

私たちの最大の弱点は諦めることにある。

成功するのに最も確実な方法は、

常にもう一回だけ試してみることだ。

を思い出せ、もへちゃん!

 もう1回、トライしてみます!

 乞うご期待!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました