surface pro4用ハードケースを自作してみました(前編)

ビジネスグッズ
surface用ハードケース作成

なぜ作ったか?

 当時、surface pro4を愛用していました。

 職場にもパソコンがあり使っていましたが、持ち出すのはダメでした。

 なので、個人用のsurface pro4も、仕事用としてもちょくちょく使っていました。

 遠くに出張する際にも、surfaceの薄さは魅力的でした。

 そこで、surfaceを入れるハードケースが欲しくなりました。

 まず、大好きな100円ショップに行くとA4ファイルケースというのを見つけました。

 surfaceサイズにぴったりです。

 でも、ACアダプターが入りません。

 無理して入れれば、ケースが膨らんでしまいます。

 そこで近所の電器屋さんで探してみました。

 いいのは高いし、安いのはなかなかイメージ通りではありませんでした。

 ならば作っちゃえ!

となったわけです(^^)

作り方

 材料

  • 100円ショップで買ってきたA4ファイルケース
  • 薄手のスポンジシート
  • 両面テープ
  • カッター

作り方

  1. surfaceをA4ファイルケースに入れ、AC電源アダプターも入れて、ふたを閉めてみます
  2. AC電源がふたに当たっているところに、マジックで印を付けます
  3. 印に沿って、カッターで穴をあけます
  4. スポンジシートを内側に両面テープでとめます
  5. 穴を開けたところのスポンジシートも切り抜きます
切り傷がぁぁぁ
両面テープでとめます
できあがり(^^)

 使っているうちに、AC電源用の穴が微妙に大きくて、AC電源が固定できてなかったので、穴の縁にゴムテープを付けてみました。

手元に透明のゴムテープが無かったので、黒いテープで縁を巻きました

使い方

①まず、surface本体をケースに入れます。右端のスペースにsurfaceペンを入れられます。

②ACアダプターを穴に押し込みます

③コードをクルクルっと巻いて、コンセント部は下の絶妙な空きスペースに入れます

④パチンとストッパーをかけたら出来上がり!

ストッパーをバチン
蓋の下は、こんな感じでコードがしまわれています

使い心地

 長所

 厚さ約3センチのハードケースになりました。

 かかった費用は、なんと220円(^^)/

 そのわりに、すごく使い勝手のいいハードケースになりました。

短所

 surfaceにはdvdドライブが内蔵されていません。

 ふだん使うことはまずないのですが、何かの拍子に必要になる場合があります。

 しかし、このハードケースには入りません(>_<)

 私は、職場にも、家にもdvdドライブを置いていたので困ることはありませんでしたが…。

課題

 しばらくして、surface用ドッキングステーションを買ってしまいました。

surface用ドッキングステーション

 だって前から欲しかったんだもん(>_<)

 そこで、自作ハードケースは、surfaceの最低限必要なものを持ち運ぶのに使うことにしました。

 出張の時なんかは、自作ハードケースだけでOKです。

 でも、フルセット(surface本体、AC電源アダプター、ドッキングステーション、ドッキングステーション用AC電源アダプター、dvdドライブ、ハードディスクドライブ)を持ち運ぶにはどうしたらいいだろう?

 それが新たな課題になりました。

 どう解決したか…

 次回のお楽しみといたしますm(_ _)m

コメント

タイトルとURLをコピーしました