スポンサーリンク

ドライブ&バイクブログ連動企画「タイヤ装飾ステッカー水貼り」

小物

はじめに

 兄弟ブログ

「もへちゃんのドライブ & GSアドベンチャー日誌(福岡からの日帰り、絶景、グルメ、バイク)」…毎週土曜日更新

で、もへちゃんの愛車「にゃんころアドベンちゃん(R1250GS アドベンチャー)」に装着したオプションを、ランキング形式で報告することにしました。

 そこで、ランキング発表したグッズの装着作業を、本ブログで報告していきたいと思います

R1250GS ADVENTUREにタイヤ装飾ステッカーを水貼り

 もへちゃんが、R1250GS ADVENTUREに装着してよかったランキング 第14位はこれ ↓ です。

前輪に付けたステッカーは、あまり見えません(>_<)
後輪に付けたステッカーは、よく見えます(^^)

 タイヤのリム部を装飾するステッカーです。

値段は?

 最近ではAmazonで同じステッカーがだいぶん安く買えるようになりました(2022/07/31現在1,888円)。

 もへちゃんが購入した2022年5月は、AliExpressアリエクスプレスがダントツ安かったので、ちょっと不安でしたが、AliExpressアリエクスプレスで注文してみました。

 値段は1,238円、送料無料でした。

配送について

 ただし、安かったけれど、配送されるまで日数がかかりました。

 5月21日に注文して、6月2日に配送…でした。

もへちゃん
もへちゃん

 ステッカーだから、折り目なんかが付いてたら嫌だなぁ…

と思ってましたが、しっかり対策してくれてました。

折り目なし(^^)

タイヤステッカーを水貼り

①貼る場所と、ステッカーの接着面を濡らす

 「水貼り」というのは、霧吹きに水と中性洗剤を入れ、ステッカーを貼る位置とステッカー自体にスプレーし、濡れた状態で貼る方法です。

 もし貼り方に失敗しても、石けん水がツルツル滑るのと同じで、ステッカーを簡単にずらすことができます。

水と中性洗剤の割合

 水と洗剤の割合についてネットで検索すると

  • 霧吹き(250~300ml)に対して1、2
  • 水500mlに対して10
  • 水250mmに対して中性洗剤15mm

とまちまちでした。

もへちゃん
もへちゃん

 と言うことは、適当でいいってことやな(^^)

 もへちゃんは100均で買ってきた小さめの霧吹きに水を入れ、中性洗剤を5滴入れてみました。

②ステッカーを貼る…というより「置く」

 タイヤのリムだけでなく、ステッカーの接着面にもスプレーします。

ステッカーも濡らします

 タイヤも接着面も濡れているので、ステッカーを「貼る」と、洗剤のおかげでツルツル滑ります。

もへちゃん
もへちゃん

 なので、「貼る」と言うより「置く」かな(^^)

指でステッカー下の水分を押し出します

 ステッカー下の水分を押し出すために、ゴムべらを買っていたのですが…

 タイヤのリム部に、このゴムべらは大きすぎでした(^^;)

もへちゃん
もへちゃん

 水貼りにゴムべらは無くていいかも。

 水分を押し出すには、指とかタオルとかで十分やな。

③後輪できあがり!

 水分はタオルで拭き取ってますが、まだ接着面にのこっている分が蒸発するまで2~3日間、にゃんころアドベンちゃんはお休みしてもらいました。

④前輪も同じ作業の繰り返し

濡らして
貼って(置いて)、水分を追い出し
前輪できあがり

 後輪・前輪合わせて作業時間は、約10分でした。

できばえは?

 うまくいったかのように見えますが、実は…

 前輪に、1箇所浮いている部分がありました(>_<)

 洗剤が付いているからか、指で押さえても、また浮いてしまいます。

 「デカールフィクサー」というステッカー用の糊なんかも検索したのですが…

もへちゃん
もへちゃん

 あんまり目立たないし、剥がれたって、別にいいかな(>_<)

と考え、このままにゃんころアドベンちゃんに乗ってます(^^;)

コメント

タイトルとURLをコピーしました