ジョギング中の飛沫は10m飛ぶ(>_<)…運動中のための「手ぬぐいマスクMark2」

小物

なぜ作ったか

ジョギング中の飛沫シミュレーション

 2020年4月、もへちゃんは自粛中の運動として、近くの公園をウォーキングするのが日課でした。

 その際、ウォーキングをしてるもへちゃんは、ジョギングしてる人から何人も追い越されるのですが…

 荒い息が近づいてきて、抜き去る際、ほとんどの人はマスクをしてません。

もへちゃん
もへちゃん

ちょっとこわいなぁ

 と感じてました。

 そんな時、テレビで新型コロナウイルスの特番を見ていたら、ジョギング中の飛沫の飛ぶシミュレーション動画がありました。

 ベルギーとオランダの大学の共同チームが、

ジョギングや自転車など走っている人の後ろにいる場合は、十分な距離を取らないと空気の流れによって、ウイルス飛沫を浴びる可能性がある。

 と発表したのがそれです。

 2人の人物が向かい合って話す場合や、隣り合っている場合、ウォーキング中、ジョギング中などの場合、感染者の息から出たウイルス粒子がどのように動くかをシミュレーションしたのだそうです。

  その結果、2人が隣り合っている場合は、気流の影響を受けにくいけれど、ジョギングなどで前後に走っている場合、前の人から飛沫感染する可能性が高くなるのだそうです。

  どれだけ離れていれば安全かというと

  • ウォーキング…4〜5m
  • ランニングや自転車でゆっくり走る…10m
  • 自転車で速く走る…最低でも20m

だそうです。

 これらの現象を引き起こす原因として、特番では「スリップストリーム」という言葉を使っていました。

スリップストリームとは

 もへちゃんが「スリップストリーム」という言葉を初めて知ったのは、漫画「バリバリ伝説」です。

f:id:toshioh:20200427175034j:plain
バリバリ伝説9巻 No.4(しげの秀一著 講談社刊)より

 このページの下に小さな文字で

スリップストリームとは、前の車にピタリとはりついて走ると、空気抵抗がおさえられるため、楽にスピードがのるんだよ。

と解説が書かれていました。

 私も昔はバイクに乗っていました。

 しかし、レースのように極限のバトルをしたこともないし、そんなテクニックもないので、「スリップストリーム」というのは、なんだか夢のテクニックみたいなとらえ方をしていました。

 ところが、新型コロナウイルスの飛沫の飛ぶシミュレーションについて、検索していたら「スリップストリームが…」と解説しているサイトを見つけたのです!

 それは、このシミュレーションを行った大学の先生の言葉らしいのです。

「走っている人の背後では、飛行機のプロペラの後ろに発生するスリップストリームと呼ばれる空気の流れができます。このらせん状の気流によって、ウイルスの微小粒子が背後まで運ばれる可能性が高くなります」

「私は当面は1人でジョギングを続けます」 

 とのこと。

もへちゃん
もへちゃん

うひゃああ、

ウォーキング中、ジョギングしてる人に抜かれる際、動画みたいにウイルスを浴びる可能性あるじゃん!!

 

 ウォーキング中の飛沫対策「手ぬぐいマスクMark2」

 サージカル(不織布)マスクがなくても、「手ぬぐいマスクMark1」で平気なもへちゃんですが、ジョギングしてる人に追い越される際の飛沫は気になります。

 どうせサージカルマスクの網の目の大きさでは、ウイルスは防げません。

 それは布マスクでも同じです。

 でもサージカルマスクや布マスクで、飛沫は防げます。

 なので、ウォーキング中は「手ぬぐいマスクMark1」を着用してきました。

 しかし、これだけではたりない!!

 目に、目にジョギングしてる人の飛沫が入るかも知れない(>_<)!!!

ゴーグルすればいいだけなんだけど…

 けれど、この解決策は簡単です。

 ゴーグルをすればいいわけです。

 先日、母を大きな病院に連れて行ったときに、帽子・めがね・マスクを着用して、お医者さんから「完全防備ですね」と笑われた時と同じです。

f:id:toshioh:20200423223852j:plain
母を大病院に連れて行ったときの感染対策グッズ
ゴーグルすると曇るんです

 しかし、実は病院に行った時、困った現象に襲われていたのです。

 それは、めがねが曇ること。

 サージカルマスクとは違い、鼻のところから息が漏れ、めがねのレンズを曇らせていたのです。

 病院では、マスクの下で、上唇をとがらせ、息を下に出すようにしてましたが…

 でもウォーキングに行く時に、ずっとそうするのは、きつそうだし(^^;)

 どうしよう…

 そうだ!あれを使えば、手ぬぐいマスクを改良できるじゃん(^^)/

手ぬぐいマスクMark2の材料

 必要なのは

  • 手ぬぐい
  • マスク用ひも(ゴム紐)
  • ビニールひも(100円ショップの園芸コーナーにありました)
f:id:toshioh:20200427200238j:plain
手ぬぐいマスクMark2の材料

 ちなみに、手ぬぐいマスクは、洗濯し終わって、すぐにアイロンをかけながらきれいに折っているのを使いました。

 手ぬぐいマスクの折り方はこちらへどうぞ ↓

手ぬぐいマスクMark2の作り方

①ビニールひもを手ぬぐいマスクの上部に入れなおします。
見にくいですが、矢印の先にビニールひもを起きます
手ぬぐいマスクの折り方で
はい、出来上がり(^^)
②できあがり(笑)
f:id:toshioh:20200427201127j:plain

 その後、ウォーキングで着用してますが、ゴーグルが曇ることはありません。

    完璧だぁぁ(^o^)

 あっ、上の画像ではサングラスですが、ウォーキングの際は透明のゴーグルを着用してますので、怖がられることはありません(笑)

次回は

 「手ぬぐいマスクMark2」の完成度は高く、とても満足してました。

 5月くらいまでは「手ぬぐいマスクMark2」でなんら疑問を持ちませんでしたが、6月に入るころに、やがて来る暑さに対して「手ぬぐいマスクMark2」では、どうしようもないことに気づきました。

 そこで次回(来週の日曜日)は、暑さ対策、熱中症対策を講じた「手ぬぐいマスクMark3」について書きます。

 お楽しみに(^^)/

 あっ、平日は「もへちゃん先生の学級通信」を更新しています。

 土曜は「もへちゃんのドライブ日誌『福岡からの日帰り、絶景、グルメ』」を更新しています。

 こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m

コメント

タイトルとURLをコピーしました