昭和初期のマントを再生①「古いマントを手洗い」

服飾

古いマントを手に入れた!

 2019年冬、古いトンビコートを手に入れました。

 金田一耕助が着てるようなコートがほしかったのです。

 このトンビコートの洗濯→補修→裏地付けについては、このブログで8回に分けて、報告しました。

 トンビコートを仕上げた後、ふとテレビを見ていると、古谷一行さんが金田一耕助を演じる映画が放映されていました。

 着ているコートが気になります(笑)

 よ~く見ると

もへちゃん
もへちゃん

 金田一が着てるのは、トンビコートじゃなくって、マントみたいだぁ(>_<)

 そこで、早速ネットショップ等で「金田一 マント」で検索してみました。

もへちゃん
もへちゃん

 めっちゃ高いっ(>_<)

もへちゃん
もへちゃん

 こうなったら、オークションで安くゲットして、自分で補修するっきゃない!

 オークションで安くゲットするコツは、ブログ「もへちゃん先生の学級通信」で書きましたので、気になる方はこちらへどうぞ ↓

 もへちゃん流のオークションで安く落札するコツの1つに、「短期決戦ではなく長期決戦で挑むこと」というのがあります。

 なので、なかなか落札できない日々が続きました。

 そこで、少し考えを変えてみることにしました。

もへちゃん
もへちゃん

 黒いトンビコートは持ってるから、マントは白いのにしよう!

 結局、ゲットして、届いたのがこれです。

 もへちゃん、もへちゃん、白じゃないじゃん!

 そうなんです。

 オークションでは「カーキ色 マント」って書いてたのですが、もへちゃんは「カーキ色」というのをよく知らずに、画像だけで判断しちゃったんです。

 オークションで見た時は、画像の背景が鮮やかな青だったので、カーキ色(ほぼ黄土色)のマントが白に見えたのです(T_T)

 届いた箱を開いて数分間のショック状態の後

もへちゃん
もへちゃん

 よ~し、白に染めちゃえ!!

 そう考え、カーキ色(黄土色)のマントを白にしちゃう壮大な計画がスタートしました。

いざ手洗い

 届いたマントは時代物です。

 ナフタリン臭も気になるし、ダニとかも気になります。

 とても羽織る気にはなりません。

 そこで、天気予報をチェックし、3日連続で晴れる1日目に手洗いを決行しました。

準備したもの

  • 古いマント(材質は「少年の家」とかに宿泊した際に使う毛の短い毛布みたいな感じ)
  • エマール リフレッシュグリーンの香り(おしゃれ着洗い)
  • ハミング リフレッシュグリーンの香り(柔軟剤)
  • 100円ショップで買ったバスタオルハンガー2本

 バスタオルハンガーは、マントを干す際、乾きやすくするために、ペットボトルで空間を作りました。

 さらに、トンビコートは黒だったので、シミ抜きの必要はなかったのですが、このマントには広範囲にシミがあったので

  • クエン酸
  • 酸素系漂白剤
  • ワイドハイターEXパワー ガンコなシミ用

も用意しました。

洗い方

 トンビコートの時は、洗濯機ではなく、浴槽を使って洗いました。

 今回も同様にします。

 浴槽は縦60cm、横100cmの長方形(角は曲面ですが、だいたい60✕100の長方形ってことにしました)

 ぬるま湯を貯めた深さは20cm

 60✕100✕20=120000㎤

 120000÷1000=120

 エマールの裏には「水30ℓに40㎖」と書いているので、120ℓ に必要なエマールは160㎖

もへちゃん
もへちゃん

 トンビコートの時は、エマールを300㎖投入してました。

 単なる計算ミスと思われますm(_ _)m

 す、数学を教えてるのですが…(^^;)

 浴槽にマントを沈めた後、10分間つけ置き洗いです。

 その後、ゆすり洗い&押し洗いです。

 トンビコートの時ほどの水は真っ黒にはなりませんでした。

 こちらが、トンビコートを洗った時の画像です。

給湯口カバーの下半分が見えないほどの黒さ!
もへちゃん
もへちゃん

 トンビコートを洗った時は、水面直下の給湯口カバーが見えなくなったほどだったもんなぁ

 トンビコートほどの汚れはなかったようですが、洗い終えた後の浴槽を見たら

底に、汚れが貯まってました。

 その後、もう一度つけ置き洗い(湯を変え10分待つ)&ゆすり洗い、押し洗いを5回繰り返して、シャワーでさらにすすいで「洗い」は終了です(^^)

 トンビコートの時はこの後、柔軟剤を入れた浴槽に3分ほど漬けた後すすぎましたが、このマントはその前にしみ抜きしなければなりません。

マント手洗いの次は

 次回は、シミ抜きについて報告します。

 もへちゃんは高校時代、化学が嫌いでした。

 しかし今回、シミ抜きにとりくんで

もへちゃん
もへちゃん

シミ抜きって化学だ

と楽しく感じました。

 次回、乞うご期待m(_ _)m

コメント

タイトルとURLをコピーしました