昭和初期のトンビコート再生④「型紙とり、接着芯」

服飾
イラストACからのイラスト

はじめに

もへちゃん
もへちゃん

 昭和初期のトンビコートを補修するに当たり、参考にしたのは

コート裏地の作り方と付け方を紹介!簡単ミシンでDIY
コートは裏地があることによってより温かくなる上に、コート自体の生地を身体と摩擦するダメージから守ってくれます。しかしもし店頭で見かけた理想のコートに裏地が無かったとしたら、あなたならどうしますか?そのコートを諦めるでしょうか?あるいは修繕屋さんに持っていってコートそものも以上の値段を払い、裏地を付けてもらうでしょうか?...

こちらです。

 しかし、このページの主さんともへちゃんの最大の違いは、上級者か、ほぼ初心者かってこと。

 型紙をとらず、裏地の生地を切り取る方法は、真似したくてもとても真似できませんでした。

 そこでもへちゃんはどうしたか?

 昭和初期のトンビコート再生化④、はじまりはじまり~

昭和初期のトンビコート再生④「型紙、接着芯」

 裏地ビリビリのトンビコートに新しい裏地を付けることにしました。

 前回のブログで書いた「どんでん返し」をするためには、まず裏地を縫って服みたいにする必要があるとのこと。

 参考にしているブログの方は、コートを裏返しに置いて、その上に裏地を置き、まち針でピン付けして、カットされてました。

 なるべくシワができないように、置いてみましたが…

 これに裏地用の生地をのせて、上からピン付けなんて、もへちゃんにはとても無理です(>_<)

初心者がDIYで成功するコツ「ドジでのろまなカメ!」

 以前、車のタイヤケースを小物入れに作り替えたことがありました。

 いずれ報告しますね(^^)、自信作なのです(^^)/

 その際に、プロだと30分くらいで終わるであろう作業を、初心者のもへちゃんは1週間くらいかけて黙々とやり抜くことで、プロと同等の結果を得られるという経験をしました。

 そう、初心者のDIYは、ウサギでは無く、ドジでのろまなカメでいいのです!

イラストACからのイラスト

 そこで、参考にしたブログの方法ではなく、カメのようにゆっくりすすむ「裏地付けもまず型紙をとる」ことにしました。

型紙とり

 型紙は、100円ショップの「園芸用不織布シート」を使いました。

 スケスケ具合がちょうどよく、しかも110円(税込み)で1.35m✕2mの大きさがあるのでどれだけ失敗しても平気なのです(^^)

型紙の代わり!?
マジックでザザッと型どり中

当然こうなるわけです(T_T)

 本当なら鉛筆とか使うのでしょうか?

 マジックを使ったので、指先が黒くなってしまいました(>_<)

接着芯

 接着芯とはアイロンの熱で布に貼りつけることで、張りを持たせたり、型くずれを防いでくれるそうです。

 また補強もしてくれるらしいので、とことん古着であるトンビコート全体に接着芯を貼ることにしました。

 そして嬉しいことに、この接着芯、100円ショップにもあるんです!

100円ショップの、不織布タイプの片面接着芯

 ただし、100円ショップの接着芯は、洗濯するとヤバいらしいです。

 接着力がそんなに強くないみたいです。

 でも、昭和初期のトンビコートは、つい先日丸洗いしたばかり。

 もしかしたら80年ぶりに洗われたのかもしれません。

 補修が終わったら防水スプレーするつもりだし、今後数十年は丸洗いする予定もないので、100円ショップの接着芯でOKです!

型紙に合わせて接着芯をカット

 この画像は、型紙の上に接着芯を置いて、マジックで大きさを書いているところです。

 接着芯は、裏地の下になりますので、マジックの線が見えても平気なのです。

背中部分の型紙

当て布をして10~15秒アイロンかけ

当て布をして10~15秒アイロン

  1. アイロンは中温です
  2. 当て布(もへちゃんは手ぬぐいを使いました)をあて、アイロンを10~15秒押しつけます
  3. アイロンをすぐ横にずらし、また10~15秒
  4. 2~3を繰り返し

 あっ、100円ショップの接着芯は75cm✕100cmの大きさなので、背中なんかだと大きさが足りません。

 でも1枚の接着芯で覆う必要はないのだそうです。

 なのでこんなになりました ↓

 地道な作業です。

 だから、接着芯貼り付け作業は、1日で終わらせたわけではなく、何日もかけて少しずつとりくみました。

おわりに

もへちゃん
もへちゃん

 前回のブログで、今後の方針として

  1. 襟の補修で、全体のイメージトレーニング
  2. 型紙とり
  3. 裏地切り
  4. 裏地縫い
  5. 裾等の補修
  6. コートと裏地を縫い付け
  7. どんでん返し
  8. 脇をバイアステープ
  9. 裾を閉じる

としましたが、さっそく「襟の補修」を飛ばしてしまいました。

 なんだか難しそうだったからです。

 簡単そうな「型紙とり」を先にしちゃいました。

 そして、ついでに「接着芯」もつけてみました。

 計画性がないと言ってしまえば、確かにそのとおりなのですが、紆余曲折することで、新たなことを憶えられます。

 だって、もへちゃんは、裁縫についてほぼ何も知らないのですから。

 知らないことを知るってとても楽しいものです。

 だから紆余曲折も楽しめます(^o^)

 また、今回必要だった型紙も接着芯も100円ショップで手に入れることができました。

 こんなことも初めて知りました。

 裁縫初心者のもへちゃんにとって、100円ショップは大きな味方です(^^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました