スポンサーリンク

革製 風呂敷ハンドを自作しちゃおう①「準備したもの」

小物

なぜ作ったか

 もへちゃんは、10年ほど前から「手ぬぐい愛好者」です。

 さらに、2020年7月1日からレジ袋が有料になり、「風呂敷愛好者」にもなりました。

 風呂敷の汎用はんよう性については、こちら ↓ の記事で書いています。

(汎用性…ひとつの用途だけではなく、さまざまなことに広く利用、応用できる)

 風呂敷のいろんな結び方を研究していたら、「風呂敷ハンド」という商品を見つけました。

 それなりのお値段するので、100均商品で作ってみたってことを、前回の記事 ↓ で報告しました。

革製の風呂敷ハンドを作っちゃおう

 前回の最後に「次回はショルダーバッグ②とショルダーバッグ③を作ってみます」と書いたので、準備していたのですが…

 「風呂敷バンド」「風呂敷ハンド」「風呂敷ハンドル」でいろいろ検索していたら、次のような商品を見つけました。

もへちゃん
もへちゃん

 この「風呂敷ハンド」、持ちやすそうやな~(^^)

 それに革製で、かっこよかやん(^o^)

もへちゃん
もへちゃん

 「スナップピアス」か~。

 これ考えた人、凄かねぇ(^^)

 またもや、もへちゃんの工作魂がメラメラと燃え始めました(^^)

 そこで、予告とは異なりますが、革製の風呂敷バンド作成について報告しようと思います。

準備したもの

  • 皮革
  • Dカン 40mm幅、4個
  • カシメ
  • ポンチ、打ち具
  • ハンマー
  • ミシン
  • 糸・針

皮革

 皮革は100均では売ってなかったので、近所の手芸屋さんで50cm✕4cmで200円で売ってたものを購入しました。

Dカン

 100均のDカンは最大で25mmでした。

 結局、40mm幅のDカンを手芸屋さんで見つけました。

カシメ

 カシメは、近所の100均(DAISO、Can Do、セリア)では見つけられませんでした。

 そこで、近所のホームセンターのブルーシート売り場にあった直径9mm、足の長さ8mmのカシメを購入しました。

打ち具・ポンチ

 「カシメはハンマーで付けられる」と勘違いしていたもへちゃんは、カシメを購入後、革製 風呂敷ハンド作りを始めたのですが…。

 作業が行き詰まりました。

 ハンマーではなく、専用の工具「打ち具」「台座」が必要だったのです。

 さらに、皮ならば前もって穴を開けるための「ポンチ」も必要ってことがわかりました(>_<)

 そこでまたもや、100均、ホームセンター、手芸屋を巡りました。

 ポンチだけは100均にあったので、それを購入しました。

 手芸屋でやっと見つけた打ち具は500円前後、台座も500円前後でした。

もへちゃん
もへちゃん

 100均で買うつもりだったから、高いよな~(>_<)

 そこで、手芸屋さんのお店の中で、ネット検索してみました。

 するとAmazonでこれ ↓ を見つけました。

もへちゃん
もへちゃん

 台座もポンチも打ち具も入ってて499円!

 バリ安っ!!

 しかも、もへちゃんはプライム会員だから送料無料!!!

 その場で、ポチッと購入しました(^^)

 数日後、届いたのがこちら ↓ です。

 新しい道具を手に入れ、嬉しくなったもへちゃん。

 早速、行き詰まっていた作業を再開しました。

 やり始めて、1分…

もへちゃん
もへちゃん

 えっ?

  うそ?

   マジ?

次回予告

もへちゃん
もへちゃん

 実は、最近、記事が長くなりがちだったので、反省しているとです。

 そこで、今回は、ここまでといたしますm(_ _)m

 次回は、「革製 風呂敷ハンド」作成について、報告いたします。

  • 行き詰まっていた作業を再開したもへちゃんに何が起こったのか?
  • もへちゃんは、たまたま見つけた「ウォーク社の風呂敷ハンド」にどれくらい近づけるのか?

 乞うご期待!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました